第7期 FLBリンガルコース【2019年3月10日(日)〜11日(月)】 

●満員となりましたのでキャンセル待ちとさせていただきます

FLBリンガル/上顎結節用Type-F矯正用アンカースクリュー2日間実習コース

FLBリンガル/上顎結節用Type-F矯正用アンカースクリュー二日間実習コース

◆深澤先生からのメッセージ

  今年2月に行なわれました第1期セミナーには、「これからリンガル矯正を始められる先生」~「既に多くの症例を経験されている先生」まで、幅広くご参加をいただきました。また、大学医局員の皆様はじめ若い矯正医を目指す先生も多く、嬉しく思っています。(ありがとうございました。)

今回のセミナーコンセプトは、ステップごとに詳細な治療手順を提示し、全てをオープンにお伝えすること。即実践に結びつくよう企画しております。

また、最終的なトルクコントロール(FINISH)をしっかりと実現し、機能を安定させる事が最大の目標です。その為に、バイオデントの協力で製造した「FLBリンガルブラケット」と、上顎結節に埋入する「TypeFアンカースクリュー」を実習にてお試しいただきます。

更に、ASOインターナショナルの協力により、私が考える「セットアップ」と「インダイレクトコアシステム」が対応可能となりました。このことも当コースを始めた大きな一因です。

会場には私の症例も幾つか展示させていただきますが、受講される皆様も、可能な限り症例を展示いただき、現状を踏まえつつ、リンガル治療におけるディスカッションを一緒にさせていただきます。

 是非、ご興味とお時間がございましたら、一緒に2日間勉強を致しましょう。



ノンフラップ モディファイド コルチ矯正セミナー2日間実習コース

コルチコトミー、コルチジョン ベーシック二日間実習コース

◆深澤先生からのメッセージ

 デジタル矯正の進歩もあり、リンガル矯正やアライナーなど「審美」のニーズには多くの医院が対応している現状です。ですが、「スピード(治療期間)」というニーズにお応えできている医院は、現状少ないように思います。今後、矯正を専門で標榜し施術するには、より高い専門性が必要になると推測しています。リンガルやマウスピース矯正が出来る事はもちろんですが、『コルチコトミー(スピード矯正)』を習得することが、患者様に大きなメリットを提供できる一つだと考えます。

 次回で12期を迎えますが、コースには外科の先生と一緒に参加され、チームとしてそのニーズを実現しようとアプローチされる先生もいらっしゃれば、ピエゾサージェリーを利用し、ノンフラップで侵襲性の低い手法からスタートされる先生もいらっしゃいます。

 もし、私の想いに共感いただけるようでしたら、私も多くのスピード症例を提示させていただきます。外科手技は実習を通して体感いただきます。将来のため、患者様のために是非ともご参加を検討ください。